GALAXY S7(ギャラクシーS7)の全て!SIMフリー,価格(値段),最新情報

 

 

SAMSUNGがGALAXY S7(サムスン・ギャラクシーS7)と
GALAXY S7 EDGE(ギャラクシーS7エッジ)を発表!
価格(値段),スペック(仕様)などの
最新情報を発信します!

 

 

 

(記事は随時更新され、下へ行くほど最新情報となります。)

 

 

 

SAMSUNG GALAXY S7(サムスン・ギャラクシーS7)と
GALAXY S7 EDGE(ギャラクシーS7エッジ)が遂に
バルセロナで開かれたMWCイベントで公開されました。
GALAXY S7とS7 EDGEの外観はGALAXY S6と
大差無いように思われます。若干丸い感じには
なりましたが。
最も大きな違いと言えば、カメラの凸凹が小さくなり、
マイクロSDカードが採用されたことでしょう。
SIM/microSDトレーが側面ではなく上面部に配置されていて、
microSDカードは200GBまで容量を拡張できます。
ヘッドホンジャック、スピーカー、充電ポートは
そのまま下面部に残っています。
興味深い点は、LG G5やNEXUS 6Pなどの
アンドロイドライバルたちがUSB TYPE-Cポートを
採用しているにも関わらず、そのままmicroUSBを
維持していることです。
まだmicroUSBでも十分いけると判断したのでしょうか・・。

 

 

 

 

 

 

 

日本のギャラクシーファンが喜ぶと思われる部分は
GALAXY S7もGALAXY S7 EDGEも防水・防塵仕様に
なったことです。これで雨に打たれても平気、
風呂にも安心して持っていけます。
プールとかでも・・30分位なら大丈夫だそうです。
海とかで落としたらどうなるかはわかりませんが。
画面サイズはギャラクシーS7が5.1インチで
ギャラクシーS7エッジが5.5インチです。
GALAXY S7 EDGEのディスプレイはGALAXY S6 EDGEと
同じカーブディスプレイです。側面が曲面と
なっており、アプリや連絡先などのショートカットを
配置できます。パネルはSUPER AMOLED QUAD HDディスプレイで
解像度は2560*1440ドット。これは前作と変わってないですね。
SONYが4Kディスプレイを採用した前例がありますが、
多くのメーカーはバッテリー寿命を蝕む4K画質に
(今の時点では)興味がないみたいです。

 

 

 

 

GALAXY S7とGALAXY S7 EDGEは「ALWAYS-ON」
スクリーン技術を採用していて、これは
LGがLG G5を公開しながら披露したのとかなり似ています。
AMOLED有機EL技術を利用、画面の一部だけ
ON状態にし、必要な通知をチェックできながらも
バッテリーへの影響は少ない、という構造です。

 

 
カメラは直接撮ってみなきゃわからない部分ですが、
低照度時のパフォーマンスが上がったそうです。
メインカメラの画素数は16メガピクセルから
12メガピクセルに下がったものの、
レンズサイズがf/1.7となり、センサーのピクセル数は
増えました。さらにクイックオートフォーカス
(QUICK AUTO FOCUS)機能により撮影速度も
スピード感が増したとの評価。

 

 
バッテリー容量はGALAXY S7が3000mAh、S7 EDGEが
3600mAhで、SAMSUNGの主張によれば、
一回の充電でゲーム・オブ・スローンズ
(米国の有名テレビドラマ)を
1シーズン丸ごと鑑賞できるそうです。
これは・・・印象深いですね。
CPUは最新OCTA-CORE QUALCOMM SNAPDRAGON 820
(オクタコア・クアルコム・スナップドラゴン820)
プロセッサー(もしくはEXYNOS)で、
QUAD-COREである2.15GHzコアと1.6GHzコアが
役割を分担します。
波紋を呼んだ(?)QUALCOMM CPU独自の
発熱問題は端末の温度を下げる「TUBE」機能で
解決したようです。これでパワフルな性能を
クールに(?)楽しめます。
カラバリはブラックとゴールド、シルバー、
ホワイトの4色。
メモリ容量は4GB RAM、ストレージ容量は32GBです。
当たり前のことのようですが、これくらいの仕様なら
全世界のどのモバイルゲームでもスムーズにプレイできます。
ここで気になるのがGALAXY S7とGALAXY S7 EDGEの
違いでしょう。ここまで読んだ方は気づいたと
思いますが、その差は大きくはありません。
目立つ違いはディスプレイの違いくらいでしょう。
S7 EDGEの方がデカく(5.5インチ)、
曲面ディスプレイを採用しているので
それを通して通知を確認できます。
S7の場合はALWAY-ON機能を通してメールや通知の
チェックが可能です。
米国での発売日はGALAXY S7、GALAXY S7 EDGEともに
3月11日となっており、日本国内での発売日(発売時期、
発売予定)は決まっておりません。

 

 

 

アップデートExpansys JapanでSIMフリー版GALAXY S7の

注文を受け付けています。
(これからも最新情報が入り次第、内容を追加していきます。

また、GALAXY S7 EDGEに関する情報はこちらから発信しています。)

 

 

 

***

 

 

 

GALAXY S6と比較したGALAXY S7の公式スペック(仕様)は?
GALAXY-S7-SPEC
このようになっています。

 

 

 

 

S7 EDGEと共通するスペック
ネットワーク:LTE Cat.9 450, 50Mbps
AP:EXYNOS 8890 / SNAPDRAGON 820プロセッサー
メモリ容量:4GB LPDDR4
防塵・防水:IP68
背面カメラ:12メガピクセルDUAL PIXEL F1.7+OIS
前面カメラ:5メガピクセル
ストレージ:32/64GB UFS 2.0(米国や日本では32GB版のみ販売予定) /
MicroSDスロット(最大200GB)

 

 

 

 

GALAXY S7のスペック
ディスプレイ:5.1インチQHD 577ppi Always-onディスプレイ(SUPER AMOLED)
バッテリー容量:3000mAh(無線・有線充電)/急速充電サポート
面積:142.4*69.6*7.9mm
重さ(重量・質量):152g

 

 

 

***

 

 

 

GALAXY S7のレビュー記事を追加しました!こちらをどうぞ。

 

 

 

***

 
GALAXY S7のOLEDディスプレイが最高の評価を得る!

 
ディスプレイ専門評価サイト、DISPLAY MATE
GALAXY S7のディスプレイパネルを
最高レベル(Excellent A)と評価しました。
また、S7のOLEDスクリーンは現時点で最高級の
スマートフォンディスプレイ(The Best Smartphone Display)
だそうです。
明るさは最大で855cd/m2、ディスプレイの反射率は
4.6%と測定されました。

 
GALAXY-S7-DISPLAY-MATE

 

 

 

 

***

 

 

 

GALAXY S7のカメラ性能はどうなのでしょう?
GALAXY S7で撮った画像や動画、
IPHONE 6Sとの比較写真などをこちらから紹介しています。

 

 

 

***

 

 

 

SAMSUNG GALAXY S7とLG G5はANDROID 6.0 ADOPTABLE STORAGEに対応せず。

 
ADOPTABLE-STORAGE-GALAXY-S7-LGG5-MARSHMALLOW
Arstechnicaの報道によると、SAMSUNG GALAXY S7と
LG G5はGOOGLEがAndroid 6.0 Marshmallowから
導入したAdoptable Storage機能に対応しないそうです。
この機能はSDカードと内部メモリを合わせて使えるように
してくれます。
SAMSUNGはこれに対し、この機能を利用するため最初に
既存データを削除する必要があること、
他のデバイスでは利用できないこと、Adoptable Storage機能が
内部容量4~8GB向けのデバイスのために作られた
機能であること、などの理由からAdoptable Storage機能を
サポートしないことにしたという旨を明かしました。

 

 

 

***

 

 

 

GALAXY S7にIPHONE 6SのLIVE PHOTO機能を搭載!?

 
SAMSUNG GALAXY S7にはIPHONE 6Sに搭載されている
「LIVE PHOTO」に似た「MOTION PHOTO」機能が
追加されているといいます。
MOTION PHOTOはユーザーが写真を撮影する際、
前後の数秒間を同時に録画、動く画像を
作ってくれる機能です。
そして動画再生速度を速くし、通常より短時間で
動画を鑑賞できる「HYPER LAPSE」機能もありますが、
これもIPHONEに前から採用されていた「TIME LAPSE」と
似ています。

 

 

 

MOTION PHOTOとHYPER LAPSEについてはこちらを参照ください。
まぁ、TIME LAPSEはともかく、LIVE PHOTOの場合、
もとはNOKIAが初めに採用した機能ですからね。
パクった(?)側がまたパクられた、という印象です。

 

 

 

***

 

 

 

サムスン・ギャラクシーS7でシステムOSが占める容量は
8GBであることが判明しました。
スマートフォンはフォーマットにより32GBモデルは
29GB、64GBモデルは58GBモデルになります。
従ってシステムOSの空間を除くと32GBモデルは21GB、
64GBモデルは50GBを使えることになります。
システム容量半端ないっすね。8GBっておいおい・・。
まぁ、マイクロSDで容量は増やせますけど。

 

 

 

***

 

 

 

GALAXY S7とGALAXY S7 EDGEは防水設計が
されているわけですが・・・。
そのため充電ポートを十分乾かした後
充電する必要があります。
また、MicroUSB端子には特殊な湿度センサーが
搭載されており、端子が湿っている場合は
充電が禁止されるそうです。

 

 

 

***

 

 

 

SAMSUNG GALAXY S7(サムスン・ギャラクシーS7)と
GALAXY S7 EDGE(ギャラクシーS7エッジ)は共に
IP68認定を受けており、水深1.5メートルで30分間
耐え抜くことができると主張しています。
果たしてそれは本当なのでしょう?

こちらで詳しく調べます。

 

 

 

***

 

 

 

ChipworksがGALAXY S7 EDGEを解体した資料によると、
GALAXY S7 EDGEにはSONY IMX260 DUAL-PIXELセンサーが
搭載されているといいます。これは1200万画素であり、
1.4umピクセルサイズです。(CANON DSLRは4.1um)

 

 

 

画像はこちら

 

 

 

SONYは正式にIMX260センサーを発表したことがないため、
これはパートナンバーでの推定ナンバーだといいます。
そしてIMX260は既存EXMOR RSセンサーではありませんが、
第1、2世代SONY EXMOR RSセンサー技術を元に
ソニーがデザインしたセンサーだそうです。

 

 

 

アップデート:最新情報によると、SONY IMX260だけでなく、
GALAXY S7/EDGEにSAMSUNG S5K2L1センサーが内蔵されていることも
あるといいます。
割合はSONY IMX260モデルが約68.1%で、SAMSUNGセンサーモデルは
約31.91%であることがネットでのアンケート調査で明らかになっています。
また、SONYセンサーを搭載した場合はカメラセンサーのモデル名が
「SONY_IMX260」、SAMSUNGセンサーの場合は「SLSI_S5K2L1」
だそうです。

 

 

 

***

 

 

 

iFixit:GALAXY S7は今までのサムスンフォンの中で
最も修理難い。

 

 

 

SAMSUNGが着脱式だったバッテリーとプラスチックカバーを
排除して以来、ギャラクシーフォンは段々と修理が
難しくなっているといいます。
今回のギャラクシーS7は修理の容易性が10点満点中3点だそうです。
これは非常に低い点数であり、一世代前のGALAXY S6は4点、
GALAXY S5が5点、GALAXY S4は8点でした。
それでも部品がS6のように一箇所にかたまっているわけではなく、
均等に広まっているのは良いことであり、
背面のガラスを外して内部へ入れるそうです。
詳しくはこちら

 

 

 

***






*スポンサードリンク*







最新記事

GALAXY S7/GALAXY S7 EDGEの防水機能(防水性)は?

GALAXY S7/EDGEのカメラ性能は?画像,動画,IPHONE 6S比較

GALAXY S7/EDGEのMOTION PHOTOとHYPER LAPSE機能は?

Galaxy S7 Edge対iPhone7比較:違いは何?どっちがいい?

GALAXY S7(ギャラクシーS7) VS LG G5比較:違いは?どっちがいい?

GALAXY S7(ギャラクシーS7) VS GALAXY S6比較:違いは何?

GALAXY S7 VS GALAXY S7 EDGE比較:違いは?どっちがいい?

GALAXY S7 EDGE(ギャラクシーS7エッジ)レビュー:確かな前進

GALAXY S7(ギャラクシーS7)レビュー:2016年のAndroid王者!?

GALAXY S7 EDGE(ギャラクシーS7エッジ)の全て!SIMフリー,価格(値段),最新情報

GALAXY S7(ギャラクシーS7)の全て!SIMフリー,価格(値段),最新情報





*スポンサードリンク*







ガジェットレビュー

Galaxy S8,LG G6,Xperia XZ Premium,HTC U11,OnePlus 5比較:違いは何!?

HTC U11:弱点が見つからない

OnePlus 5:依然、コスパの王様

新型Surface Pro(2017) vs Surface Laptop vs Surface Book比較:違いは?

Surface Laptop:至急切り替えよ!

Surface Studio vs iMac 5K(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

Surface Studio:欲しい!超欲しい!けど・・

新型Surface Pro(2017) vs iPad Pro(2017)比較:違いは何?どっちがいい?

新型Surface Pro(2017) vs Surface Pro 4比較:違いは何!?

新型Surface Pro(2017):気軽にはおすすめできない

Huawei P10 vs P10 Plus vs P10 Lite比較:違いは何!?

Huawei P10 Lite:堅実スマホ

Huawei P10/P10 Plus:バランス良好

Sony Xperia XZ Premium:4K降臨!

Sony Xperia XZs:そこまで変わってはないけど

BlackBerry KeyOne:キーボード要ります?

Galaxy S8/Plus:爆発する?しない?

LG G6:基本に戻って

Xiaomi Mi MIX:未来型スマホ

Huawei Mate 9:Galaxy Note 7は忘れろ!

LG V20:スマホが奏でる音じゃない

Zenfone 3 Laser(ZC551KL):迅速レーザー

Google Pixel/Pixel XL:アンドロイドの最高峰

Xperia X Compact:4インチ型アンドロイドスマホ

OnePlus 3:今のうちですよ!

Xperia XZ:弱点はカメ・・・?

Huawei Honor 8:パワフルパワフル!

Apple Watch Series 2:強者が来た~!

Galaxy Note 7:現最高のアンドロイドフォン・・・だった。

iPhone 7/ 7 Plus:迷う必要なし

Zenfone 3 Ultra:スマホ/タブレット

Zenfone 3:流石

Huawei P9:ほぼプレミアム級

XPERIA X PERFORMANCE:微妙・・

Huawei P9 Lite:おすすめの一品

Huawei Y6:初心者,子供,年配者のスマホ

HTC 10:来たれ!ブームサウンド!

GALAXY S7 / GALAXY S7 EDGE : アンドロイド王者!?

iPad Pro 9.7インチ : 俺のアイパッドがこんなに・・・

格安スマホ比較へ行く





ガジェットニュース

格安スマホ(格安SIM・MVNO)比較,端末,おすすめ,料金プラン,評判,評価,デメリット,口コミ

格安スマホ比較!格安スマホとは?通信費用を格安SIMで半端なく節約する方法!

MVNO(格安スマホ,格安SIM)キャンペーン情報比較(随時更新)

Google Pixel 2の発売日,価格(値段),スペック(仕様),最新情報まとめ

Huawei Honor 9の日本発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

LG V30の発売日,価格,スペック,最新情報まとめ

Microsoftが新型Surface Pro(2017)を発表,スペック(仕様)は?

LG G7の発売日,価格(値段),スペック,最新情報まとめ

Nubiaが世界初高速充電4.0+搭載スマホ、Nubia Z17を発売

MotorolaがMoto Z2 Playと新しいMoto Modsを発表

LogitechがMX Master 2SとMX Anywhere 2Sマウスを発表

SamsungがSペン採用のNotebook 9 Proを公開

世界初RYZENを搭載したノートパソコン、ASUS ROG GL702ZC公開

ARMが新しいグラフィックコア、Mali-G72を公開

AsusがZenbook Flip SパソコンとZenbook 3 Deluxe発表

未発表のGalaxy J7 2017とGalaxy J5 2017レビュー動画が公開!?

Sonyが13インチのDPT-RP1(デジタルペーパータブレット)を発売

Xiaomi(小米)がMi Max 2を発表,スペック,価格(値段),大容量バッテリー等!

IBM OS/2 WARPの後継OSであるArcaOS 5.0がリリース

ガジェット博士へ行く





カテゴリー: 全体記事 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

GALAXY S7(ギャラクシーS7)の全て!SIMフリー,価格(値段),最新情報 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: GALAXY S7(ギャラクシーS7)の全て!価格(値段),最新情報 | ミリオンハイスクール | ネットビジネス | WordPress

コメントは停止中です。